SCORE CARDBACK NUMBER

ある投手の“塩コショウ”が
阿部慎之助の成長を促した。
~18番が粘り強く伝えたこと~

posted2019/06/25 15:00

 
ある投手の“塩コショウ”が阿部慎之助の成長を促した。~18番が粘り強く伝えたこと~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

写真は2014年。この年に捕手として4度目のゴールデン・グラブ賞。翌年から一塁手としての出場が増えた。

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 40歳の阿部慎之助が通算400号のホームランを打った。キャッチャーとしては野村克也、田淵幸一に次ぐ史上3人目の快挙である。しかもジャイアンツで400号を打ったのは王貞治、長嶋茂雄と阿部の3人だけ。つまり21世紀になってからのジャイアンツは、“4番”と“キャッチャー”を同時に手に入れることができたというわけだ。

 しかし阿部はプロ入り早々、キャッチャーとしてのカベにぶつかっていた。構えが高い、キャッチングが下手、リードは単調……プロ1年目の2001年は投手陣が壊滅し、V逸の責任は阿部のリードにあるとも囁かれた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

読売ジャイアンツ
阿部慎之助
桑田真澄

プロ野球の前後のコラム

ページトップ