濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

10年目の三沢光晴メモリアル大会。
22歳の清宮海斗が提示した“ノアの未来”。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by(C)PRO-WRESTLING NOAH

posted2019/06/19 11:00

10年目の三沢光晴メモリアル大会。22歳の清宮海斗が提示した“ノアの未来”。<Number Web> photograph by (C)PRO-WRESTLING NOAH

三沢光晴の写真が見つめる後楽園ホールで、GHCヘビー級ベルトを高々と掲げた清宮海斗。

清宮になら、ノアを任せても大丈夫だ。

 何人もの先輩を追い抜いて“飛び級”でベルトを巻いた清宮だが、そこに「会社にプッシュされている」、「実力に見合わない重責を担わされている」といった不自然さはない。若くてガムシャラで、なのにチャンピオンらしくもあるのだ。それは彼が揺るぎないプロレス観、いわば“ノアイズム”を持っているからだろう。

 もちろん、今が完成形でもない。大げさでなく、清宮は「これから10年、20年先までノアを任せても大丈夫だ」と思わせてくれる存在だ。

 毎年恒例の三沢メモリアル大会は、豊かな過去に想いを馳せるものだ。だが巨星を失って10年になる今年、清宮海斗はノアを受け継ぐ者としてファンに未来を提示した。誰もがこの日を待っていた。

「ノアを日本一、世界一の団体にします」

 あまりにまっすぐな言葉も、彼が言うなら信じてみたくなる。

関連記事

BACK 1 2 3
清宮海斗
三沢光晴
プロレスリング・ノア
杉浦貴

プロレスの前後の記事

ページトップ