SCORE CARDBACK NUMBER

新星・中村寛は“KID”の再来か!?
衝撃KOで魅了し、RIZINへ。
~挑発的なビッグマウスを連発~

posted2019/06/01 08:30

 
新星・中村寛は“KID”の再来か!?衝撃KOで魅了し、RIZINへ。~挑発的なビッグマウスを連発~<Number Web> photograph by Fumiko Ishimoto

DEEP☆KICK-60kg級のタイトルマッチでは、2R1分31秒でTKO勝ちを収め、ベルトを奪取した中村寛。

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Fumiko Ishimoto

“関西のKID”というべき怪物が現れた。その名は中村寛(BKジム)。4月7日、大阪では谷岡祐樹が保持するDEEP☆KICK-60kg級王座に挑戦したが、試合は1Rから中村のワンマンショーとなるのに時間はかからなかった。打ってみろといわんばかりに自らアゴを叩いてみたかと思えば、左ストレートで谷岡を吹っ飛ばす。これはスリップダウンと見なされたが、まるでアクション映画を見ているかのような錯覚に陥った。

 谷岡が反撃を開始すると、中村はスイスイとよけ、左ストレートと左ハイキックで立て続けにダウンを奪う。2Rになると左のショートで3度目のダウンを奪い、最後はハイとヒザ蹴りの連打でとどめを刺した。自軍コーナーで倒れたまま起き上がれない谷岡を尻目に、中村は勝利のダンスを披露した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

中村寛
山本“KID”徳郁

格闘技の前後のコラム

ページトップ