SCORE CARDBACK NUMBER

注目は有力2歳馬デビュー戦と
アーモンドアイ参戦の安田記念。
~ダービーで1年に一区切りか~

posted2019/05/30 15:00

 
注目は有力2歳馬デビュー戦とアーモンドアイ参戦の安田記念。~ダービーで1年に一区切りか~<Number Web> photograph by KYODO

アーモンドアイの前走は、世界戦デビューとなった3月30日のドバイターフ(GI)。C・ルメール騎乗で快勝した。

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

KYODO

 ダービーの翌週から始まるのが2歳新馬戦。「ダービーからダービーへ」のキャッチフレーズ付きで番組改編が行われたのは'12年で、それ以前は夏の北海道が2歳戦の開始時期だった。あまり早い時期から若馬を始動させてしまったらクラシックシーズンまで体力がもたないというのが昔の感覚だが、いまは明らかに違う。

 昨年を例にとると、6月早々にデビューした馬たちの中から、サートゥルナーリア、グランアレグリア、ダノンファンタジーという3頭のGI馬が誕生している。重賞まで範囲を広げれば、エメラルファイト、ハッピーアワーといった名前まで出てくる。馬をリフレッシュさせる技術が飛躍的に発達したことで、始動を早くすることがリスクになるどころか、むしろメリットになっていることが伝わってくる。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

リアアメリア
ルベルアージ
ダノンプレミアム
アーモンドアイ

競馬の前後のコラム

ページトップ