サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

久保建英、だけじゃない日本の論点。
“変則招集”を将来に繋げるために。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/05/28 11:00

久保建英、だけじゃない日本の論点。“変則招集”を将来に繋げるために。<Number Web> photograph by AFLO

変則的な形ではあるが、久保建英の日本代表デビューはこのタイミングでやってきた。どんな姿を見せてくれるのだろうか。

タイプの違うFWたちの序列は?

 大迫勇也に次ぐ1トップの候補者は誰か?

 KCCには大迫に加えて岡崎と鈴木武蔵が、コパ・アメリカには岡崎、前田大然、上田綺世の3人が選ばれた。

 今シーズン限りでレスター・シティを離れる岡崎は、新天地でコンスタントに出場を重ね、なおかつ結果を出していくことが求められる。3月に代表デビューを飾った鈴木も、J1リーグでの得点では藤本憲明と北川航也に先行され、自身と同じ4得点には日本人選手が列をなしている。代表でもクラブでも、さらなるインパクトが必要だ。

 前田はポストワーカーではないので、大迫らとは求められるものが変わってくる。爆発的なスピードを生かした背後へのランニングは、カウンターの担い手として打ってつけだ。日本代表ではジョーカーの立場を争うことになるだろう。

 法政大学3年の上田は、ストライカーの血が濃いタイプだ。ペナルティエリア内で勝負強さを発揮する。東京五輪世代ではエースストライカー候補のひとりだが、プレースタイルが完成されたわけではない。強さと激しさとしたたかさを備える南米のDFとの角逐から、レベルアップのきっかけをつかむのだ。

 昨年9月のチーム結成から答えを探しているテーマに、KCCである程度の道筋をつける。そのうえで、五輪世代にチャンスを与えることになったコパ・アメリカで、チーム全体の底上げをはかる──。

 KCCとコパ・アメリカに別々のチームで臨む二重選考にも、確かな意味を持たせることはできるのである。

関連記事

BACK 1 2 3
久保建英
森保一

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ