SCORE CARDBACK NUMBER

スーパースターの後継者へ。
完全復活の藤岡が見せる闘志。
~バスケ女子代表のPGは誰に~

posted2019/05/28 15:00

 
スーパースターの後継者へ。完全復活の藤岡が見せる闘志。~バスケ女子代表のPGは誰に~<Number Web> photograph by AFLO

スピードのあるドライブからの得点、アシストを武器に、かねてから公言する「東京五輪のメインPG」を目指す。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

AFLO

 リオデジャネイロ五輪で日本をベスト8に導いた司令塔の吉田亜沙美が3月に現役を退き、東京五輪に向けてポイントガード(PG)の後継者争いが激化している女子バスケットボール日本代表。WリーグのJX-ENEOSで3年間にわたって吉田の薫陶を受けてきた藤岡麻菜美が、「吉田さんが引退されて、自分が引っ張っていかなくてはという気持ちになっている」と燃えている。

 筑波大時代から次世代のエースPGと目され、'16年にJXに加入。'17年夏には女子アジア杯で日本3連覇の立役者となってベスト5に選ばれ、直後のユニバーシアードでは50年ぶりの銀メダルを獲得した。ところが、連戦がたたって同年秋に骨盤剥離骨折が判明。リーグの'17-'18シーズンをほぼ棒に振った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

藤岡麻菜美
吉田亜沙美
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ