モータースポーツPRESSBACK NUMBER

ホンダが目指すF1ドライバー育成。
「F3」で飛躍を誓う10代コンビ。 

text by

島下泰久

島下泰久Yasuhisa Shimashita

PROFILE

photograph byHonda

posted2019/05/21 07:30

ホンダが目指すF1ドライバー育成。「F3」で飛躍を誓う10代コンビ。<Number Web> photograph by Honda

狭き門となるF1の舞台を目指し、F3に参戦中の名取鉄平(左)と角田裕毅(右)。

「F3」から“F1直下”の「F2」へ。

 それぞれ、目に見える結果としては大きなものを残せたわけではない。しかしながら角田は強豪チームのすぐ後につけるトップ10の結果を出し、チームの中でもダントツの速さでポジションを確保してみせた。そして名取も、しっかり方向性を見出し、次に繋げる走りができていたと言っていい。

 F3はF1を目指すふたりにとって、最高のトレーニング環境となるだろう。それなりの結果を出せば、来年はいよいよF1直下のF2へとステップアップ出来るチャンスが生まれる。あるいはランキング上位でシーズンを終えれば、スーパーライセンス申請の権利が得られ、即F1シートを得ることだって十分現実味がある。

 F1に乗るために必要なスーパーライセンスを申請する条件のひとつであるスーパーライセンスポイントを、昨年のF4チャンピオンである角田は、すでに19点持っている。F3で得られるポイントは、チャンピオンが30点、ランキング2位が25点、3位が20点と続いていくが、今年2位以上になれば40点という条件をクリアできるのだ。

 名取の場合は手持ちが10点。40点到達にはチャンピオン獲得が必須だから、実質的にはこの2年でどう勝ち上がっていくかという戦いになるだろう。

F1ドライバー誕生へサポートを続けるホンダ。

 この2人と、現在F2で戦い、ランキング4位以上で40点をクリアできる松下信治の3人が今、日本人ではF1への最短距離に居ることになる。

 誰かひとりでも、その壁を突破できればというのがホンダの考え。あるいは2人、ないし3人がスーパーライセンス申請の条件を満たすことができたならば、日本人F1ドライバーの誕生を願い、HFDPの活動を続けてきたホンダとしては嬉しい悲鳴ということになるだろう。

 さて、戦いの行方はどうなるか。幕はまさに開いたばかりである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
角田裕毅
名取鉄平
松下信治

F1の前後の記事

ページトップ