バスケットボールPRESSBACK NUMBER

アメリカ時代のコーチが感心した、
富樫勇樹のリーダーとしての成熟。 

text by

永塚和志

永塚和志Kaz Nagatsuka

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/05/19 11:45

アメリカ時代のコーチが感心した、富樫勇樹のリーダーとしての成熟。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

ファイナルでは3本の3ポイントを含む19得点、6アシスト。今季のBリーグMVPにも輝いた富樫勇樹。

アメリカ時代の悔しさをバネに。

 レジェンズ時代の出場時間はわずかなものだったし、その時の経験だけが今の富樫を作りあげたわけではないだろう。

 富樫は当時を「自分を表現、アピールするということが一切できなかったシーズンだった」と回顧した。ただ、彼が今の場所までたどり着くきっかけの1つになったとは言えそうだ。

 2年連続で、しかも同じ相手にリーグ優勝目前で敗れ去ったことも当然、彼の気持ちの火を大きくする新たなきっかけになる。

 ジェッツの、そして日本代表のエースポイントガードは、大きく飛躍した。

 しかし、その底はまだ見えない。
 

関連記事

BACK 1 2 3 4
富樫勇樹
千葉ジェッツ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ