野球クロスロードBACK NUMBER

「費やした時間が1番多かった」
平石監督が期待するオコエの器。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/05/18 10:00

「費やした時間が1番多かった」平石監督が期待するオコエの器。<Number Web> photograph by Kyodo News

春のキャンプでオコエ瑠偉を指導する平石洋介監督。昨年シーズンオフ、監督代行から正式な監督に昇格した。

すべてが野球に繋がっていく。

 オコエが述懐する。

「それよりも、気持ちの面とか生活態度とかっすね。試合で打てなかったり、ミスをするじゃないですか。落ち込むじゃないですか。そうなると、『どんな顔してんだよ!』って怒鳴られたりってことは多かったですね。気持ちの切り替えができなかったり、野球に集中できてない時は必ず怒られましたけど、プライベートな話もしてくれたり。期待してくれているんだなって感じてはいましたね」

 生活から全部、野球に繋がっていくんだな――プロでの生活が3年経ち、オコエはようやく平石が求める本質にたどり着いた。

 今のオコエがあるのは平石監督がいたからだ。そう安直に断定はできない。だが、きっかけを与えたのは間違いない。

 平石が、期待の若手が秘める器を手に包むように想いを馳せる。

「真面目に野球をやればいいってわけでもなくてね。クソ真面目だと、あいつのよさが消える。持っている能力は高いし、独特のスケールは絶対に消してほしくないですから」

 優等生ではないかもしれない。

 饒舌になり、ネタにされ、プレーでミスをすることもあるだろう。そのすべてが成長の糧となり、やがて結果にも繋がるはずである。

 それが、監督も認める、オコエの大きなスケールだ。

関連記事

BACK 1 2 3
東北楽天ゴールデンイーグルス
オコエ瑠偉
平石洋介

プロ野球の前後の記事

ページトップ