ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

あと1歩でオーガスタに立てた青年。
中島啓太は負けず嫌いで尖っている。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2019/05/15 17:00

あと1歩でオーガスタに立てた青年。中島啓太は負けず嫌いで尖っている。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

昨年のアジア大会では団体戦、個人戦で金メダルを獲得した中島啓太(日体大)。5月のダイヤモンドカップでは予選を通過し、4日間を戦い抜いた。

「この人、ヤバイわ」

 埼玉・加須市の実家を出てゴルフ部の寮に入ってから間もなく、テレビの向こうでマスターズが始まった。日本代表の一員としてネイバーズトロフィチーム選手権という国別対抗戦を控えていたが、あちらの様子が気になるのも無理はない。

「マスターズの初日が始まるときはまだ寮にいたんです。もう始まったかなと思ったら、金谷さんは(1番から)バーディ、バーディでスタートして……。『この人、ヤバイわ』って思って寝ました(笑)。ビックリというか、本当にすごいですね……」

 世界最高のゴルフショーで“ライバル”が躍動する姿を想像して、深い眠りにつけたかどうかは微妙なところではある。金谷は帰国後、日本ツアーの中日クラウンズでも決勝ラウンドに進んだ。

悔しさを力に変えてきた中島。

 胸にぐっと息を込めてから、中島は言った。

「正直なところ……正直なところ、マスターズも、日本でも、活躍されるたびに悔しい思いが出てきます。金谷さんに連絡したりするんですけど、そのたびに悔しいのがあります」

 オーガスタでプレーしていたのは、自分だったかもしれない。あの時の1打が、あの数秒のうちの判断が。あるいは風が、ライが……。逃した魚の大きさや煌びやかさが実感できるからこそ、それぞれを振り返りたくなるのも当然だ。

 どれだけ苦悶しても、時間はいつもと同じペースで進んでいく。

 実は過去にも同じ先輩に快挙を阻まれたことがあった。2015年の第100回・日本アマチュア選手権に金谷は当時17歳51日で勝ち、史上最年少優勝記録を樹立。その時の2位が、まだ中学3年生、15歳の中島だった。

「そういうことが、多いですよね。ホント……」と笑う。

「でも、金谷さんのおかげで僕も海外志向になったんです。僕は負けず嫌いでもあるけれど、金谷さんの存在は大きい」

 負けた悔しさばかりが目立つようではあるが、それがまた成長を促してきた。

【次ページ】 「どハマリした」栄養学。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中島啓太
金谷拓実

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ