沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

フィエールマン&ルメールの大快挙。
天皇賞・春で示した巨大な潜在能力。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/04/29 11:15

フィエールマン&ルメールの大快挙。天皇賞・春で示した巨大な潜在能力。<Number Web> photograph by Kyodo News

すべてのGIの中でも、天皇賞・春はかなり特殊な能力を求められる。ここを制したフィエールマンの能力はどう花開くか。

競馬界の寡占状態を象徴するようなレース。

 終わってみれば、またルメール、またディープ、またノーザンファーム、また天栄という結果だった。

 掲示板に載った5頭のうち、2着のグローリーヴェイズ以外はみなノーザンファームの生産馬だった。

 そして、勝ったフィエールマンも2着のグローリーヴェイズも、中間は福島のノーザンファーム天栄で調整されている。

 出走馬13頭のうち、2頭しかいなかった関東馬のワンツーだった。ノーザンファーム天栄で過ごすことの効力は、アーモンドアイやブラストワンピース、グランアレグリア、ダノンキングリーらがその走りで証明済だ。

 美浦トレセンは、坂路コースの高低差を現在の18mから33m(栗東は32m)にする工事を行い、2023年の完成を目標にしているという。

 平成の競馬は、関西馬旋風に始まり、武をはじめとするスタージョッキーの活躍などを含め、西高東低の時代だった。

 その潮目が変わるかもしれない。

 そんなふうに思わせてくれた、平成最後のGIであった。

関連記事

BACK 1 2 3
クリストフ・ルメール
フィエールマン

競馬の前後の記事

ページトップ