バスケットボールPRESSBACK NUMBER

富樫勇樹の原点は恩師の言葉。
「バスケ界のカズになれ」 

text by

石川歩

石川歩Ayumi Ishikawa

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2019/04/22 17:00

富樫勇樹の原点は恩師の言葉。「バスケ界のカズになれ」<Number Web> photograph by B.LEAGUE

試合当日は秋田・水町亮介(中)の引退セレモニーも行なわれ、元チームメイトの千葉・富樫勇樹(左)と田口成浩(右)が花束を贈呈。

「富樫勇樹だぞ、取るべきだろう」

 富樫は高校卒業後に帰国し、当時中村がヘッドコーチを務めていた秋田に入団した。富樫は入団の理由について、「カズさんのもとでプレーをする。それ以外の理由は一つもありません。どこでも、カズさんがコーチをしているチームへ行ったと思います」と答えた。

 この富樫の秋田入団には、中村が今も鮮明に覚えているストーリーがある。

「勇樹は高校からアメリカに行ったから、日本では知られていなかった。当時、周りは『なぜ167cmの小さなガードを取るのか』と反対した。僕は勇樹のすごさを知っているから、『富樫勇樹だぞ、取るべきだろう』と説得した。入団が決まるまでは、僕の友人の何人かが勇樹の生活費を出してくれた。最終的にアーリーエントリー制度で入団したけれど、入るまでは苦労した。実際に入ったらご覧の通りでしょう? ほら見たことかってね(笑)」

 富樫は秋田に入団したシーズンにbjリーグ新人賞を受賞した。次のシーズンではプレイオフファイナル進出の原動力になり、個人でもベストファイブに選出されるなど実力を見せていく。

「秋田時代が、今の僕をつくった」

「僕がしごかれたって言うと、田口に『お前が言うな』と怒られますが(笑)。カズさんの練習は、週7日で試合をしているようなものでした。毎日、いかに怒られないようにするか考えて、目の前の練習をこなすのに必死だった。チーム全体でカズさんと戦い続けていた感覚です」

 秋田を離れたいま思い返すと、その経験がどのくらい貴重だったのか理解できるという。

「『勇樹は小さいのだから、オフェンスで結果を残さなかったらコートに必要ない』と言われ続けました。だから、入る入らないに関わらず打てるシュートは全て打ってきました。とにかく、シュート・シュート・シュート! 結果として、今のチームや代表のコーチも評価してくれている通り、シュートを打つスタイルが僕の一番の長所になりました。シュートの成功確率はメンタルの持ち方ですごく変わります。技術面だけでなく、精神面も鍛えてくれた秋田時代が、今の僕をつくってくれたと思います」

【次ページ】 若いうちからアメリカに行くのは賛成。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

秋田ノーザンハピネッツ
千葉ジェッツ
富樫勇樹
田口成浩
中村和雄

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ