セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

イタリア版「あの天才たちは今」。
最高峰セリエAの門はかくも狭い。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/04/18 11:00

イタリア版「あの天才たちは今」。最高峰セリエAの門はかくも狭い。<Number Web> photograph by AFLO

26歳でセリエAにデビューした遅咲きのストライカー、ラパドゥーラ。2017年からはジェノアでプレーしている。

なぜ俺がセリエAでプレーできないんだろう?

 小学校に上がる前から育成ピラミッドの裾野に足を踏み入れ、練習と試合を重ねて年代ごとにふるいにかけられながら、イタリア全土に散らばる数千人もの同年代の頂点に立っても、数年もすればアマリーグに身をやつすこともあるのがプロスポーツの世界だ。

 4年前、トリノ・ユースで全国優勝を果たしたFWロッソは今、古巣から80km離れた町にある3部クラブの練習場でときどき自問自答する。

 なぜ俺がセリエAでプレーできないんだろう?

 優勝した後、多くの怪我に悩まされた。今季の初めには右膝を脱臼しサッカーをやめようと思った。リハビリを始めたら、少しずつ希望が湧いてきた。ボールを足に当てたときの弾む音を心底聞きたいと思った。

「俺まだ23歳なんでまだやれると信じてるんです。ラパドゥーラがセリエAにデビューしたのは26歳でしたよね?」

 季節が変わっても、彼らのグラウンドやチームが変わっても、セリエAデビューという夢とサッカーは続いていく。

 現在、プリマヴェーラ・リーグではアタランタが首位を走る。決勝プレーオフは5月第4週の最終節の後、すぐに始まる予定だ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジャンルカ・ラパドゥーラ
ユベントス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ