バスケットボールPRESSBACK NUMBER

田臥勇太復帰とBリーグ栃木の第2章。
「優勝の時と同じか少し良いかも」 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2019/04/13 11:30

田臥勇太復帰とBリーグ栃木の第2章。「優勝の時と同じか少し良いかも」<Number Web> photograph by B.LEAGUE

田臥勇太の復帰戦となった3月27日のホームでの秋田ノーザンハピネッツ戦では99-54と圧勝した栃木ブレックス。

天皇杯後、チームは「第2章」。

 チームとしての成長を証明したのが、今年1月の天皇杯だった。

 この時期、田臥だけでなく、昨シーズン3P王に輝いた喜多川修平も怪我で欠いていた。さらに、日本代表のエースでもある比江島慎もまだ加入していなかった。

 決勝では怪我人の影響もあり、わずか8人しか出場していないのだが、ジェッツ相手に延長戦の最終盤までリードする健闘を見せた。

 最終的には準優勝に終わった天皇杯での戦いについて、安齋HCはこう捉えている。

「怪我人がどんどん出てきても頑張って、ボロボロになりながら決勝までいった。最後の1本こそ決まらなかったですけど、そこまでが今シーズンの『第1章』という感じです」

 今のブレックスは、次のチャプターへと入っているのだと安齋HCは考えている。

「『第1章』で頑張ってくれた選手たちの良さを継続しながら、比江島が加わったのが、その次ですよね。比江島が試合に出るようになって2カ月と少しがたって、彼は自分の立ち位置を少しずつ見つけられている。チームとしても、彼の立ち位置を見つけられている」

周囲が比江島をバックアップ。

 比江島はブレックスに加入してから、竹内公輔や田臥から、こんな声をかけられてきた。

「全て自分が攻めきるというくらいの気持ちでプレーしていいんだぞ!」

 ライアン・ロシターやギブスらのインサイド陣からは、こう言われてきた。

「パスを選択して誰かがタフショット(*苦しい体勢からのシュート)を打つくらいなら、オマエがシュートを打つんだ! シュートが外れても、俺がリバウンドを獲るから」

 リーグ最高の1試合平均リバウンド39.0本の原動力となっている彼らも、比江島を力強くサポートしているのだ。

 それでも比江島は冷静に語る。

「まだまだ、遠慮しているという風に見られていると思います。そんな自分をブレックスは獲ったわけではないでしょうし、もっとガツガツ行って、勝敗を分けるシュートを決めるのを期待して獲ってくれたと思う。そのあたりについてもう少し、強く意識したいなと思います」

【次ページ】 新加入選手とのケミストリー。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
栃木ブレックス
田臥勇太
比江島慎

バスケットボールの前後の記事

ページトップ