バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグで異端の“儲かるクラブ”。
大阪エヴェッサ34歳社長の商人魂。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byYusuke Mimura

posted2019/04/02 08:00

Bリーグで異端の“儲かるクラブ”。大阪エヴェッサ34歳社長の商人魂。<Number Web> photograph by Yusuke Mimura

リーグ最年少34歳で大阪エヴェッサの社長を務める安井直樹。大阪府出身で、自らも小学生からバスケをプレーしてきた。

「エヴェッサがやりよったわ!」

 それでもなお、一方でエヴェッサがスポンサー収入を増やし続けることに熱を上げるのは、何故なのだろうか。

「エヴェッサというチームが、親会社に頼らずに自主自立を目指す。それもあるのですが、そうした(スポンサー)収入には天井がないからです。もちろん、アリーナを満員にするのは大事なことですが、チケット収入はどこかで頭打ちになってしまいます。でも、スポンサーのみなさんからの収入には上限がなくて。そこを伸ばしていけば、さらなる投資ができて……」

 そう話す安井には今、温めているプランがある。

「実は、来季に向けて、けっこうインパクトのある投資を進めています。他のチームも、Bリーグのみなさんも『エヴェッサが、やりよったわ!!』と感じると思うんですよ! 結構な金額が必要なのですが、お客さんが来たくなるような、おおきにアリーナ舞洲にほぼ満員の7000人が集まるような試合が増えるような、仕掛けです。早く詳細をお話ししたいのですが……まだ言えません(笑)」

 その施策の評価は、来季以降の観戦者数が決めることになる。

 ただ、これまでの彼らの試みは評価されるべきだろう。競技面の発展がフィーチャーされがちなのが、バスケットボール界の課題でもあるからだ。

 これまで軽視されがちだった経営の安定性と発展についても、きちんと評価されるようになる。それによってバスケットボールというスポーツがメジャースポーツになったと言えるのだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
大阪エヴェッサ
安井直樹

バスケットボールの前後の記事

ページトップ