メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

敵、仲間、そして野球人として。
MLBが示したイチローへの敬意。

posted2019/03/31 11:30

 
敵、仲間、そして野球人として。MLBが示したイチローへの敬意。<Number Web> photograph by Getty Images

2009年、球宴に出場したイチローとマドン監督。イチローはこの年にWBC連覇に貢献、シーズンでも27試合連続安打、MLB通算2000本安打を記録。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 イチロー引退の一報は、日本だけでなく、一瞬にして全米中をも駆け抜けた。

 2012年7月、衝撃のトレードでイチロー移籍を実現させたヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、他球団に所属する選手に対して、異例のコメントを発表した。

「イチローはこれまで世界が目にした中で、最高の野球選手のひとり。彼はほぼ人生のすべてを野球と結婚して過ごしてきたが、その関係は素晴らしいものだった。我々は彼を元所属選手のひとりだと呼べる幸運に恵まれた。その驚嘆すべき実績をたたえたい」

 将来、殿堂入りが確実視されるバットマンに対し、最上級の敬意を表した。

名将マドンとイチローの約束。

 メジャー屈指の名将として知られるカブスのジョー・マドン監督は、懐かしそうに振り返った。エンゼルスのベンチコーチを務めていた'01年、ライバルチームの1番打者として、イチローは鮮烈なデビューを飾った。その類い希な資質は、頭脳派マドンのコンピューターを攪乱させた。

「イチローは野手のいないところに打つ能力がある。エンゼルス時代、いろいろな守備隊形を仕掛けてみた。三遊間、一、二塁間を狭めてみたりしたが、簡単にレフト前へ弾き返された。本当はパワーもあるし、それは彼も分かっているはずだ。打撃練習は本当にすごいからね。それでも安打を打ち続けるのだからすばらしい」

 '09年、セントルイスで行われたオールスターでア・リーグの監督を務めたマドン監督(当時レイズ)は、試合前日、イタリアンレストランで偶然、イチローに出会った。ワイン好きのマドン監督が、赤ワインのボトルを1本差し入れした際、「明日の初球、ホームランを打ってくれ」と依頼したところ、イチローは笑顔で快諾。実際に本塁打にはならなかったものの、右翼線へ強烈なファウルを放ち、約束を果たそうとしたという。

 その後、イチローからお礼のサイン入りバットが届けられたこともあり、印象深い思い出として残っていると言う。

「イチローを1番打者として起用し、指揮できたことはとても幸運だった」

【次ページ】 大記録も引き際も見守ったメルビン。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

イチロー
ブライアン・キャッシュマン
ジョー・マドン
ボブ・メルビン

MLBの前後のコラム

ページトップ