Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<14666打席を終えて>
さらば、イチロー。

posted2019/03/28 06:00

 
<14666打席を終えて>さらば、イチロー。<Number Web> photograph by Getty Images

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Getty Images

「現役生活に終止符を打ち、引退することとなりました」  3月21日、東京ドームでの試合後に稀代の大打者がバットを置いた。  引退会見で語られた示唆に富む言葉を、その足跡に重ねて紐解く。

 継去現己。

「“けいきょげんき”と読みます」と言ったのは、22歳になったばかりのイチローだった。1995年、『がんばろう神戸』をスローガンにリーグ制覇を成し遂げ、日本シリーズでスワローズに敗れた直後の11月。秋の宮古島キャンプに参加していたブルーウェーブのイチローのもとを、テレビの取材で訪れたときのことだ。

 テレビカメラの前でインタビューに応じたイチローに、最後、ありきたりなお願いをした。この一年を振り返って何かひとこと、と色紙を差し出したところ、イチローは腕を組んだまま、うーん、と唸り出してしまったのである。

「どうしようかなぁ、何て書こうかなぁ、苦手なんですよね、こういうの……」

 こんなテレビの取材にありがちな安直なお願いに、ほとんどの選手は適当に応じてしまうものだ。しかし当時のイチローは10分、20分、30分と考え続けた。そしてやおら、4つの漢字を書き始める。まず、その達筆ぶりに驚かされた。そしてその色紙をカメラに向けて、彼はこう言ったのだ。

「継去現己……去年の自分を継続していたら新しい自分が現れた、ということです」

 なんという22歳か。

 現状を正確に表現するためにオリジナルの四字熟語を捻り出したばかりか、その内容があまりに深い。そして今、振り返るとイチローの野球人生は“継去現己”の連続だったのではないかと思えてならない。実際、引退を表明した記者会見でも、イチローはこんなふうに話していた。

「アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったことで、人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。これは体験しないと自分の中からは生まれない。孤独を感じて苦しんだことは多々ありましたが、その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと、今は思います。だから辛いこと、しんどいことから逃げたいと思うのは当然のことですけど、でもエネルギーのある元気なときにそれに立ち向かっていく、そのことはすごく人として重要なことなのではないかなと感じています」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ