SCORE CARDBACK NUMBER

他団体のマットを席巻する、
大日本怪力コンビの魅力とは。
~昨年度のベストタッグ、関本&岡林~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2019/03/17 16:59

 年頭から獅子奮迅の暴れっぷり。大日本プロレスの怪力コンビ、関本大介&岡林裕二組による団体の枠を超えた活躍が、元気な新風を吹き込んでいる。

 大日本ストロング・スタイルの看板チームである2人は、1月13日、東京・後楽園ホール大会で全日本の諏訪魔&石川修司組を破って世界タッグ王座を奪取。続いて2月24日の全日本・横浜文化体育館大会では崔領二&ジェイク・リー組の挑戦を29分6秒で退け、初防衛に成功。アウェーのリングでも圧倒的な存在感を見せたのだ。

 昨年度「プロレス大賞」の最優秀タッグチーム賞に輝いた暴走コンビ、諏訪魔&石川組を破ったインパクトが、他のインディ系団体の選手に「あいつら怖いぞ!」と強い警戒心を抱かせたことは確かだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

大日本プロレス
関本大介
岡林裕二

プロレスの前後のコラム

ページトップ