SCORE CARDBACK NUMBER

日本はフランス、セルビアと。
デ杯新方式の恩恵やいかに。
~トップ選手の出場も増える可能性大~

posted2019/03/06 10:00

 
日本はフランス、セルビアと。デ杯新方式の恩恵やいかに。~トップ選手の出場も増える可能性大~<Number Web> photograph by Getty Images

本戦抽選会にはITFと組む投資グループの設立者ピケ(バルセロナ)も登場。伝統あるトロフィーは誰の手に。

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 錦織圭や西岡良仁、ダニエル太郎の日本が、ラファエル・ナダルのスペインやノバク・ジョコビッチのセルビアに挑む――新フォーマットのデビスカップでは、こんな楽しみな対戦が頻繁に見られるはずだ。

 デ杯はトップ選手に敬遠され、地位低下が明らかだった。2010年に母国を世界グループ優勝に導いたジョコビッチは、'17年の準々決勝を最後に出場していない。ロジャー・フェデラーも'15年の出場が最後だ。世界グループで優勝するには、年間4週間をまるまるデ杯に捧げる必要があった。トップ選手がランキングポイントの得られないデ杯より個人戦を優先したのは致し方ない。現状を打破するため、主催者のITF(国際テニス連盟)は今年から、1週間で3チームのリーグ戦と上位8チームによる決勝トーナメントを行なう新方式を採用した。予選免除の6チームと2月の予選を突破した12チームの計18チームが、11月にスペイン・マドリードに集う。対戦はこれまでのシングルス4試合、ダブルス1試合から単2試合、複1試合に変更された。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

テニスの前後のコラム

ページトップ