SCORE CARDBACK NUMBER

菊池雄星も思わず「うわぁ」。
イチローの選手人生が再始動。
~選手と呼ばれることが「気持ちいい」~

posted2019/02/28 15:00

 
菊池雄星も思わず「うわぁ」。イチローの選手人生が再始動。~選手と呼ばれることが「気持ちいい」~<Number Web> photograph by KYODO

イチローはフリー打撃で両膝を深く曲げる新打法を披露。鋭い当たりを飛ばし、柵越えも25スイング中5本見せた。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 心が躍るようでもあり、緊張感も漂う初日だった。メジャー19年目を迎えるマリナーズ・イチローのキャンプが2月16日、スタートした。アリゾナ州ピオリアは'01年、メジャーでの第一歩を記した場所でもあり、違和感や戸惑いはない。だが、初めて招待選手として参加する今回は、特別な感情も覚えていた。

「イチロー選手って呼ばれるのが気持ちいいわね」

 古巣マリナーズに電撃復帰した昨年は、開幕戦でスタメンに名前を連ねたものの、5月3日、登録枠を外れ、「会長付特別補佐」となった。それでも、これまで同様、練習を継続した。言うまでもなく、視線の先にあったのは、メジャーの舞台だった。同時に、周囲からは年齢に伴う限界説も漏れ伝わってきた。その一方で、イチローの思いを知るマリナーズが、現役への扉を閉ざすことはなかった。ジェリー・ディポトGMは、早い時期から今年3月の日本開幕戦への帯同を明言。マイナー契約ながら招待選手としてキャンプに参加することが決まった。ただ、イチローの今後が不透明であることに変わりはない。昨オフのマリナーズは主力選手を大量放出し、抜本的なチーム改革へ向けて、大きく舵を切った。若手育成を推進する上で、大ベテランの立ち位置は定まっていない。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

イチロー
菊池雄星
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ