Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<具志堅用高との師弟物語>比嘉大吾「攻める。倒す。沖縄の血が騒ぐ」 

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2018/01/26 16:00

<具志堅用高との師弟物語>比嘉大吾「攻める。倒す。沖縄の血が騒ぐ」<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi
具志堅に憧れボクシングを始めた男は、昨年、会長の現役時代と同じ21歳で世界王者に輝いた。 具志堅から比嘉へ。師から弟子へと受け継がれる、攻めの姿勢を貫くオキナワン・ファイターの精神。 まもなく地元沖縄で2度目の防衛戦が待っている。

 問答無用。圧巻。怒濤。アッパーカット5連発。あわれロープを背にする者たちが存命のための防護を試みる。そこへ顔も腕もそこにないかのようにパンチの雨、いや嵐は襲いかかる。

 なるほど。攻撃とは最大の防御なり。ここまで攻めに攻めると、打ち返される不安はどこかへ消える。

 比嘉大吾。22歳。WBCフライ級の世界王者である。掛け値なし。粉飾の断片すら見当たらない。むしろ現時点で14連続KO勝利のレコード、その実相に言葉のほうが取り残される。

 ものすごく元気なボクサーがおります。強打をいつまでも続けます。おしまい。

 2011年。正確に2月11日。間違いなく夜。沖縄県の浦添市。卒業を控えた中学3年の野球少年が母と暮らす自宅アパートの居間。そこからストーリーは始まる。

 夕食を済ませた。台の上のそこそこの大きさのテレビ画面にボクシング中継が流れていた。井岡一翔が、タイのオーレイドン・シスサマーチャイの世界ミニマム級タイトルを5回TKOで奪う。早々の決着。そこで中継局は、残りの時間に、とっておきの「具志堅用高KO集」を放送した。映像の質は粗いのに、弱る獲物を仕留め切る拳の軌道は鮮やかだった。

 いま思うと申し訳ないのだが、ひとり畳の上に寝そべり肘枕をしながらの観戦、横を向いた背中に電気が走った。

「見た瞬間、ボクシングやろうと思いましたね。攻める。倒す。沖縄の血が騒ぎました。やったことないのに自信がありましたもん。ものすごく」

 運動が得意だから?

「いや、もっと単純で。中学生や高校生がヤンキー映画を観たのと同じです。映画館に入るときは普通の人なのに、出てくると(脇をあけ胸を突き出して)こうなってるじゃないですか」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

比嘉大吾
具志堅用高

ボクシングの前後のコラム

ページトップ