Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<WBC観戦ガイド>
一流メジャーリーガーに注目せよ! 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2017/03/02 09:00

<WBC観戦ガイド>一流メジャーリーガーに注目せよ!<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

前回大会で2本塁打、打率.469と打線を牽引したカノー。

第4回WBCの開幕が目前に迫っている。今回は各国から実に多くの大物メジャーリーガーが母国のために参加する楽しみな大会となった。世界のスター選手を一挙にチェック!

 オールスター出場経験者が過去最多の63名も参戦する今大会は、熱い優勝争いへの期待だけでなく、メジャーの今を垣間見られる絶好のチャンスでもある。

 2連覇を狙うドミニカ共和国は前回大会MVPのロビンソン・カノーを始め、史上31人目の通算3000安打にあと58本まで迫ったエイドリアン・ベルトレら、重量打線はまさにオールスター軍団。その迫力は見るものを圧倒するだろう。なかでも注目したいのは「A・ロッド二世」といわれ期待通りの成長を続けるマニー・マチャド、三拍子揃ったスターリング・マルテ、62盗塁で盗塁王に輝いたジョナサン・ビラーといった次世代を担う才能あふれる選手だ。彼らの情熱的なプレーによってさらにパワーアップし、大会史上最強と評される打線は凄まじい破壊力を発揮するに違いない。

 今大会は投手陣にも個性豊かな逸材が揃う。肩まで伸びたドレッドヘアーをなびかせ変幻自在な投球をみせるジョニー・クエトらの先発陣。また、ブルペンにも角度の大きいスライダーで奪三振マシーンと化したデリン・ベタンセス、高速シンカーで51セーブをマークしてセーブ王に輝いたジューリス・ファミリアの魔球コンビが控える。ロースター28人の中にメジャー40人枠から外れている選手はわずか2名。前回大会よりもハイレベルでカラフルな選手が参戦する。チームの強さばかりでなく、このスポーツの醍醐味も存分にみせてくれるだろう。

 アメリカは過去3大会、期待を裏切ってきただけに、ジョー・トーレGMとジム・リーランド代表監督のかつての名将コンビは、これまでにみられなかった攻守のバランスがとれた優勝できるチームを編成した。その象徴的な存在がバスター・ポージーだ。昨年は初のゴールドグラブ賞を受賞、今や球界ナンバーワン捕手と評価されている。打撃もパワーを備える広角打法で、粘りもある。しかも、29歳にしてすでに3度も世界一を掴み取った抜群の勝負運の持ち主であるところも見逃せない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

MLBの前後のコラム

ページトップ