Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<日本女子テニス界の新星が語る>
大坂なおみ「将来は、No.1になりたい」 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2016/02/18 06:00

<日本女子テニス界の新星が語る>大坂なおみ「将来は、No.1になりたい」<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

男子顔負けの200km超のサーブと、強力なフォアハンドが武器だ。

四大大会本戦初出場ながら、強力なサーブを武器にセンターコートにまで進む大躍進。世界中にNaomiの名前を轟かせた。日米にルーツを持つ、18歳の素顔とは――。

 1月に行われたテニス全豪オープン。プロ転向後4年目、18歳の大坂なおみが、本選の3回戦まで勝ち上がり注目を集めた。2年前、弱冠16歳にして2011年全米覇者のストーサーを破った経験もある彼女は、全豪2回戦で18シードのスビトリーナにストレート勝利。3回戦で全豪優勝2回のアザレンカに完敗したが、180cmの長身から繰り出す高速サーブ、破壊力抜群のフォアハンドとともに「大坂なおみ」の名を世界に大きくアピールすることとなった。

「快挙のように言われているけど、自分としては、そこまで行けると思っていたので。嬉しかったことは確かですが、ラケットを投げ飛ばして大騒ぎするほどの気持ちでもありませんでした」

 コート上での迫力のある姿とは対照的に、シャイで遠慮がちに話し出した彼女だったが、大金星となったスビトリーナ戦について触れると、ようやく顔がほころんだ。

「楽しかった! 実は1度対戦して負けている相手だったんです。同じ相手に2度負けるのは絶対に嫌だったので、気合いは入っていました。でもそれが強すぎてはいけないと思い、楽しむ気持ちで臨んだんです」


 腹部の故障をかかえながら、ストレートでの勝利だった。続く3回戦の相手は、世界ランク1位になったこともあるアザレンカ。開始直後の第1ゲームを鮮やかにブレイクし、さらなる番狂わせを予感させたが、元全豪王者は負傷しながら勝てる相手ではなかった。1-6、1-6での完敗だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1612文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

SUPER RUGBY 2016

Sports Graphic Number 896

SUPER RUGBY 2016

 

大坂なおみ

テニスの前後の記事

ページトップ