Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<米国を愛したメジャーリーガー>
長谷川滋利「僕のアメリカン・ライフ」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byKazukaki Nshiyama

posted2015/05/07 06:00

<米国を愛したメジャーリーガー>長谷川滋利「僕のアメリカン・ライフ」<Number Web> photograph by Kazukaki Nshiyama
「野球選手でなければ、商社マンになりたかった」
 日本人最多のメジャー登板数を誇る鉄腕は、ずっと海の向こうを夢見ていた。
 誰よりも彼の地に根差した野球選手が語る、「幸せな生活」とは――。

 長谷川滋利の場合は、同学年の野茂英雄のように「メジャーリーガーになりたい」という夢があったわけではない。それでも'97年の渡米からメジャーで9年にわたり投げ続け、通算517試合の登板は日本人歴代1位。その活躍を支えたのは「アメリカに住みたい」という強烈な憧憬だった。引退後もカリフォルニアに居を構える長谷川が、愛してやまないアメリカ生活を語る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1740文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷川滋利

MLBの前後の記事

ページトップ