Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名投手秘話>
捕手が語る運命の一球。~黒田博樹(上宮)~ 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

posted2014/08/12 06:00

勝利して世にその名を轟かせた者もいれば、敗北を糧に成長を遂げた者もいる。頂点を目指す戦いの日々には、後にプロで活躍する投手の人生を左右する運命の1日があった。灼熱のグラウンドの真ん中で、彼らとミット越しの対話を続けた捕手だけが知る真実とは。

黒田博樹(上宮)
1992年 公式戦登板なし
「聖地に手が届きかけた高校最後の春」

   ◇

「春季大会は投げてないしな。夏の予選も出番はなかったし。そうや、やっぱりあいつは3年のとき、公式戦で1球も投げてませんね」

 上宮高校で黒田博樹と同期の捕手、坂本竜平は古い記憶を確かめながらそう教えてくれた。坂本は近畿大学で野球をつづけたあと、現在はイベント会社の経営をしている。玄人好みのヤンキースのローテーション投手は高校3年のとき、公式戦に1試合も登板したことがなかった。これは異様なことではないか。

「力がなかったわけじゃないんです。入った時には、将来はこいつが背番号1やろって思ってました。でも、気が弱かった。ブルペンではいいのに、試合になると、四球を出しちゃいけないとセーブした投球になる。いわゆる、置きに行く投げ方になるんです」

 その壁をなかなか破ることができなかったのだ。気の弱さはあったが、練習態度は真摯なもので、そこは高く評価されていた。


 当時上宮を率い、現在は近大野球部の監督を務める田中秀昌は、黒田について聞かれると、走っている姿を思い出すという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1217文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

真夏の絆。~甲子園熱球白書~

Sports Graphic Number 858

真夏の絆。
~甲子園熱球白書~

 

黒田博樹
上宮高校

高校野球の前後の記事

ページトップ