スポーツ仕事人BACK NUMBER

ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス(テニス映画の監督)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

高橋夏樹(Number編集部)

高橋夏樹(Number編集部)Natsuki Takahashi

PROFILE

photograph byIchisei Hiramatsu

posted2018/07/07 15:00

ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス(テニス映画の監督)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by Ichisei Hiramatsu
【テニス映画の監督】 映画の世界にはスポーツを題材にした数々の名作がある。では監督にとって、スポーツを映画化する仕事とは、どのようなものなのだろうか? あるテニスの一戦を映画にしたJ・デイトン&V・ファリス監督に聞く。

 四大大会通算12回の優勝を誇り、女子選手の権利を主張して女子テニス協会を立ち上げ、同性愛を告白したLGBTの先駆者でもあった伝説のテニス選手、ビリー・ジーン・キング。'73年、彼女が男性優位主義を唱える元男子チャンピオンのボビー・リッグスと戦った、世紀の「男女の戦い」(『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)を映画化したのが、夫婦監督のジョナサン・デイトンさんとヴァレリー・ファリスさんだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ジョナサン・デイトン
ヴァレリー・ファリス
ビリー・ジーン・キング

テニスの前後のコラム

ページトップ