スポーツ仕事人BACK NUMBER

高松政裕(スポーツロイヤー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2013/10/07 06:00

高松政裕(スポーツロイヤー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

高松政裕さん。

 スポーツ界でも揉め事は起きる。両者の言い分に耳を傾け、問題を解決に導く「仲裁」の仕事に迫る。

 代々木第一体育館の裏に、『日本スポーツ仲裁機構』という組織がある。選手が代表選考に不満を持ったり、競技団体から不当な扱いを受けたと感じたときに、仲裁役となる公益財団法人だ。

 その仲裁機構において、ときに選手の申立人代理人、ときに仲裁人(裁判官的な役割)として活躍しているのが弁護士の高松政裕だ。

「日本スポーツ仲裁機構ができて、今年で10年目になりました。認知度も高まってきて、以前より多くの競技団体や選手が仲裁機構を利用して紛争解決をするという流れになっています」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1365文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

時代を動かす5人の戦術家。~EUROPEAN FOOTBALL 2013-2014~

他競技の前後の記事

ページトップ