SCORE CARDBACK NUMBER

実戦復帰も19球で降板。ダルに課される神様の試練。~復帰は来季以降、めずらしく出たため息まじりの言葉~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/09/10 10:00

実戦復帰も19球で降板。ダルに課される神様の試練。~復帰は来季以降、めずらしく出たため息まじりの言葉~<Number Web> photograph by KYODO

今季の成績は8試合に登板して1勝3敗、防御率4.95。マドン監督も「来年に帰ってくれば」と希望を語った。

 ため息交じりの言葉は、おそらく本音だった。

「ホント、考えますよ、さすがに。ここまで投げられないと。神様は自分に何を教えようとしているのか。まったく分かんない」

 右上腕痛などの症状で戦列を離れているカブス・ダルビッシュ有の今季中のメジャー復帰が、絶望的となった。


 8月19日、マイナーの1Aサウスベンドで6月25日以来となる実戦マウンドに立ち、リハビリの最終段階に入った、はずだった。実際、初回は2走者を許しながらも、後続を退け、無失点に抑えた。しかも、最後は外角低めへ153kmの速球を投げ込み、見逃し三振。ダルビッシュ自身、「納得のいく、いい球だった」と好感触を得るほどだった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

シカゴ・カブス
ダルビッシュ有

MLBの前後のコラム

ページトップ