SCORE CARDBACK NUMBER

元Jリーガーで現役テレビマン。外池監督がワセダを変えた。~「日本をリードする存在」という蹴球部のビジョン~ 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshio Ninomiya

posted2018/08/28 07:00

元Jリーガーで現役テレビマン。外池監督がワセダを変えた。~「日本をリードする存在」という蹴球部のビジョン~<Number Web> photograph by Toshio Ninomiya

1997年に早大から平塚(現・湘南)へ入団した外池氏はFWからDFまでこなす万能選手として活躍。'07年引退。

 ワセダが滅法強い。関東大学リーグ1部の前期日程が終了した時点で、2位に勝ち点8差をつけて首位を快走している。

 1部に復帰した今季、監督には元Jリーガー、元電通マン、現役テレビマン(スカパーJSATグループ勤務)という異色の経歴を持つOBの外池大亮(とのいけ・だいすけ)氏が就任した。

 優秀なビジネスマンでもある外池氏は、周りをやる気にさせるのがとにかくうまい。選手の自主性を引き出すために、あの手この手を打ってきた。


 部員の、部員による、部員のためのサッカー。就任当初、まずは部のビジョンを部員につくらせ、『日本をリードする存在になる』に決めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 551文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。
早稲田大学
外池大亮

Jリーグの前後の記事

ページトップ