SCORE CARDBACK NUMBER

15歳の身体から音色が聞こえた。英雄デニス・テンの思い出。~高橋大輔から刺激、芸術的なスケーターになりたい……~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2018/08/24 07:00

15歳の身体から音色が聞こえた。英雄デニス・テンの思い出。~高橋大輔から刺激、芸術的なスケーターになりたい……~<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

衝撃の事件から2日後の7月21日、アルマトイでは大規模な市民葬が営まれ、多くの人々が英雄の死を悼んだ。

 一目惚れしたのは、デニス・テンが15歳の時だった。'09年世界ジュニア選手権で、身体から音色が聞こえるような演技で4位。エキシビションではバレエのチュチュをつけて登場して『白鳥の湖』を華麗に舞うと、途中で衣装替えしてパワフルに滑った。

「高橋大輔の『スワンレイク』に刺激されました。僕も芸術的なスケーターになってカザフスタンにフィギュアスケートを広めたい。今回は母国で初めてスケートがテレビ放送されるので、とっても誇りに思います」

 スケート界では無名のジュニア選手だったがテレビ局が密着取材しており、スケート後進国での期待の大きさを感じさせた。逆に「なぜ日本人が彼を取材するのか」とインタビューされたので、「とても美しい滑りをする選手だから。いずれ五輪のメダルも目指せる」と話すと、同国の関係者が大興奮していた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

デニス・テン
カザフスタン

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ