Number ExBACK NUMBER

浅田真央、スケートと同等の愛!?
「かき氷のためならどこまででも」

posted2018/08/17 16:30

 
浅田真央、スケートと同等の愛!?「かき氷のためならどこまででも」<Number Web> photograph by Jun Imajo

行きつけのお店でイチゴエスプーマソースを堪能する浅田真央さん。

text by

川村由莉子(Number編集部)

川村由莉子(Number編集部)Yuriko Kawamura

PROFILE

photograph by

Jun Imajo

「このかき氷、とってもふわふわなんですけど、中が空洞になっているからこの食感になるんだそうです。お店の方の名人芸ですよ!」

 美味しそうにかき氷を頬張りながらそう説明してくれるのは、浅田真央さんだ。

 食べることが何よりも好きで、中でもかき氷はダントツで好きなスイーツだという。

 季節問わず1年中食べており、「かき氷のためならどこまででも行く」ほどだ。

 真央さんの日常を綴る隔号連載『私のスケート愛』特別編として、今回は、行きつけのお店でかき氷を堪能してもらった。

 うかがったのは、旗の台の商店街の一角に構える、『Bum Bun BuLau Cafe with BeeHive』。

 いつもお店の外まで行列ができる人気店だが、真央さんは現役時代からよく食べにきていたという。

「色々なかき氷屋さんに行っていますが、ここはベストのうちのひとつ。私は昔からお店の会員にもなっているので、会員限定のメニューも食べられるんです」

「かき氷は上から食べないとダメ!」

 真央さんを唸らせるのは、ソースへのこだわりだという。

「この練乳、市販のものではなくて、お店で牛乳から作っているんだそうです。お砂糖も角砂糖は使っていません。味も色々なものがあって、名前だけ見ると変り種かなと思うんですけど、これが本当に美味しいんですよ。私が特に好きなのはアボガド豆乳味やきなこ味。きなこも手作りで、きび砂糖から作っているそうです」

 その「かき氷愛」っぷりに感心しながら、スタッフも美味しく頂いていると

「かき氷は上から食べないとダメですよ! 下から食べると崩れちゃうので。沢山食べているので食べ方までよく知っているんです(笑)」

 とアドバイスが。イチゴ、アボガド、ピスタチオとシェアしながら食したところで、

「もう一個食べたいです!」

 元気な真央さんの笑顔と極上のかき氷で、厳しい暑さも吹っ飛んだ一日だった。

 Number959号の誌面では、かき氷を食べる真央さんのベストショットを大きく掲載しています。是非ご覧ください。次回の連載は9月13日発売号に掲載予定です。
<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART II>100人のマウンド。

関連コラム

浅田真央

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ