SCORE CARDBACK NUMBER

なぜホークスに勝てない? 菊池雄星が出した結論。~ヤフオクドームで球速が10km落ちる謎現象~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2018/04/13 15:00

なぜホークスに勝てない? 菊池雄星が出した結論。~ヤフオクドームで球速が10km落ちる謎現象~<Number Web> photograph by KYODO

今季は3年連続の開幕投手を務めてファイターズを相手に7回2失点で初勝利。ストレートの最速は150kmだった。

 16勝6敗、防御率1.97という数字から、ホークスとの成績を除くと16勝2敗、1.24というとんでもなく突出した結果が残る。去年、最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得した菊池雄星のことだ。なぜかプロ入り以来、ホークスから一つも勝ち星を挙げたことのない菊池は、去年までのホークス戦、17試合に投げて、12連敗中。今や球界ナンバーワンの左腕が、なぜかホークスを相手にすると勝てなくなってしまう。

「そうなんです。でも去年も西武ドームではそこそこのピッチングで抑えてるんですよ(4月7日、5月19日に、それぞれ7回、8回を投げていずれも自責点2の負け投手)。でもヤフオクドームに行くと、マックスが148km。どんなに思いっ切り投げても、そこまでしか出ないんです。つまり福岡では相手と対戦する前に、自分のボールを投げられていない。それが技術のせいなのか、精神的なことが理由なのかは、自分でもわからないんです。マウンドの違いは感じますけど、でもそれでスピードが10kmも落ちるってことはないと思うんですけど……」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

福岡ソフトバンクホークス
埼玉西武ライオンズ
菊池雄星

プロ野球の前後のコラム

ページトップ