SCORE CARDBACK NUMBER

激動の九州場所を終えて、相撲界はどこへ向かうのか。~不名誉にも記憶に残ってしまった場所を越えて~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/12/11 08:00

激動の九州場所を終えて、相撲界はどこへ向かうのか。~不名誉にも記憶に残ってしまった場所を越えて~<Number Web> photograph by KYODO

九州場所千秋楽の日本相撲協会あいさつで日馬富士の暴行問題について謝罪、頭を下げる八角理事長、横綱白鵬ら。

 一年を締めくくる大相撲九州場所が、激震のうちに千秋楽を迎えた。

 連日報道された日馬富士による暴行問題は、日を追うごとに情報が錯綜し、混迷を極める。本場所終了を待って警察の捜査は一気に進展するとみられたが、日馬富士は相撲協会側の処分を待つことなく引退届を提出。引退記者会見を行い、得意とするスピード相撲のように、その相撲人生の幕を引いた。

 振り返れば土俵外だけではなく、土俵上では白鵬の言動も物議を醸した。11日目、前代未聞の「立ち合い不成立」アピールが問題視され、審判部から厳重注意を受けたものの、さらに千秋楽の優勝インタビューでは「真実を話す。膿を出し切って日馬富士関と貴ノ岩関を再び土俵に上がらせてあげたい」との発言が飛び出す。館内の観客に万歳三唱を促し、これまた批判を呼ぶ物種となってしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

日馬富士
白鵬

相撲の前後のコラム

ページトップ