Before The GameBACK NUMBER

ビール瓶か、カラオケのリモコンか。~相撲界がこだわるポイントが、すでに社会からズレている~ 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/12/12 07:00

ビール瓶か、カラオケのリモコンか。~相撲界がこだわるポイントが、すでに社会からズレている~<Number Web> photograph by KYODO

引退会見の冒頭、頭を下げる日馬富士と涙を拭う伊勢ヶ浜親方。

 横綱日馬富士を引退に追い込んだ幕内貴ノ岩への暴行事件で、当初、大きな焦点になっていたのが、凶器がビール瓶かどうかということだった。

「相撲界には伝統的にリンチがある」――元小結の龍虎(故人)が、こう証言をしたのは2007年に時津風部屋所属の17歳の力士が暴行死した事件の直後だった。

「我々の時代はリンチはビール瓶でやれ、と(言われた)」

「ここ(額)は強いんですよ。だからここを(ビール瓶で)パカーンとやっても大丈夫」

 龍虎は土俵外の「かわいがり」の実態をこう語っている。その証言通りに、暴行死した時津風部屋の若手力士もビール瓶で殴打されていた。ビール瓶で殴ることは、相撲界の黒歴史の中では特別な意味がある。単純な暴力ではないことを意味するサインなのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 948文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

銀盤の決闘。~BATTLE FOR PYEONGCHANG 2018~
日馬富士
貴ノ岩

相撲の前後の記事

ページトップ