SCORE CARDBACK NUMBER

日本人初の5年連続50登板。田澤純一が大切にする“準備”。~斎藤隆に学んだセットアッパーの心得~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2017/10/03 06:00

日本人初の5年連続50登板。田澤純一が大切にする“準備”。~斎藤隆に学んだセットアッパーの心得~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

'17年からマーリンズに所属。個人トレーナー2人と契約を結び、遠征にも帯同して体のケアには気を遣っている。

 マーリンズの田澤純一が、9月16日のブルワーズ戦で救援し、日本人メジャーリーガーとして初の5年連続50試合登板を達成した。過去、長谷川滋利(エンゼルス)、岡島秀樹(レッドソックス)が4年連続でクリアした数字を、渡米から9年目で超えた。もっとも、田澤自身に「日本人初」の感慨はない。

「あまりそこは考えずに、できることをしっかりやることが大事。それは引退して振り返ったらいいかなと思います」

 2008年オフ、社会人野球「新日本石油ENEOS」から、日本プロ球界のドラフト指名を回避し、レッドソックスにメジャー契約で入団した。その後、日本球界復帰の際に一定の期間を要する「田澤ルール」が定められるなどの波紋を呼んだものの、田澤の初心は変わっていない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

カープの時代。

Sports Graphic Number 936

カープの時代。

 

マイアミ・マーリンズ
田澤純一

MLBの前後の記事

ページトップ