SCORE CARDBACK NUMBER

原、由伸も届かなかった。阿部慎之助の
2000本。~巨人でON以来の400本塁打
も視界に捉えた~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/08/26 17:00

原、由伸も届かなかった。阿部慎之助の2000本。~巨人でON以来の400本塁打も視界に捉えた~<Number Web> photograph by KYODO

主に捕手を務めた選手の達成は野村克也、古田敦也、谷繁元信に次いで4人目。巨人の大卒では長嶋以来2人目。

 阿部慎之助が8月13日、広島で通算2000本安打を達成した。生え抜きでは川上哲治、長嶋茂雄、王貞治、柴田勲に次ぐ5人目の記録で、2018本の柴田を抜くのは時間の問題だろう。打点はON、川上に次ぐ4位だし、すでに382本の原辰徳を抜いているホームラン数では、チームでONしか成し遂げていない400号へのカウントダウンも始まっている。つまり阿部はジャイアンツで伝説とされてきた川上、長嶋、王の領域にまで足を踏み入れたと言っていい。その阿部がこんな話をしていたことがある。

「僕、ランディ・バースが大好きだったんです。率も残せて、ホームランも打てて……ああいうバッターが理想でした。そのために大事にしているのは、強くボールにコンタクトすること。そのために、素振りではわざと風が来るほうにバットを持っていって、ピュッと音を鳴らします。その音が短くなれば、スイングスピードが上がってるってことだと思うんですね。だからその音を確かめながら、納得するまで振ってました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 482文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 運命の一戦。

Sports Graphic Number 934・935

日本代表 運命の一戦。

 

読売ジャイアンツ
阿部慎之助

プロ野球の前後の記事

ページトップ