SCORE CARDBACK NUMBER

日本女子バレー新時代へ、“中田ジャパン”の船出。~宮下遥の心を揺さぶったカリスマ監督の言葉~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2017/06/25 17:00

日本女子バレー新時代へ、“中田ジャパン”の船出。~宮下遥の心を揺さぶったカリスマ監督の言葉~<Number Web> photograph by KYODO

主将は久光製薬の岩坂名奈を指名。中田監督は「自分のやりたいバレーを理解してくれている」と期待をよせる。

 '20年東京五輪でのメダル奪回へ向け、中田久美監督が率いる女子バレーボールの新生全日本が、このほど始動した。

「勝ちにこだわり続け、伝説に残るチームをつくりたい」

 並々ならぬ決意を述べた中田監督が、最初に取り組んでいるのは、リオ五輪や世界大会のデータ分析から割り出された日本の弱点の改善だ。上位国と日本との差は、サーブレシーブがセッターにきれいに上がった際の決定率。本来ならばもっとも攻撃力が上がるはずの形のときに、日本はポイントを稼ぐことができていなかったのだ。

「ここを改善するには、セッターのトス回しが非常に大事になる。ポイントになるのはミドルの使い方。ミドルを中心とした組み立てができ、チームをまとめ、落ち着かせることのできるセッターに期待している」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 505文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
中田久美
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ