SCORE CARDBACK NUMBER

佐藤琢磨を、本年のスポーツマン・オブ・ザ・イヤーに推す。~インディ500の価値は日本人が想像する以上のもの~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/06/20 07:00

佐藤琢磨を、本年のスポーツマン・オブ・ザ・イヤーに推す。~インディ500の価値は日本人が想像する以上のもの~<Number Web> photograph by Getty Images

一時トップに立つ実力を見せつけたアロンソ(29番)と初優勝の佐藤(26番)。佐藤は総合Vも夢でないランクに。

 インディ500はモナコGPと並び'60年まで「F1世界選手権」に組み込まれていた。マシン規定もレース規則も全く異なるが、その規模と伝統や歴史がヨーロッパで認識されていたからだ。この地上最速レースからバックミラー、シートベルト、ヘルメット、耐火性レーシングスーツなどが普及していった。モータースポーツの原点たるアメリカのビッグイベントに、今年新風を吹き込んだのがF・アロンソと佐藤琢磨だ。

 これまでアメリカ人勝者が50人、イギリス人が5人、初めて日本の佐藤が名を連ねた。'02年ジョーダンでデビューした彼と、'01年ミナルディからのアロンソは“F1同期生”と言える。十数年を経て二人はアンドレッティでチームメイトに。「サトウは情報共有できる先輩だ」と“ルーキー”アロンソ。先輩は「彼は信頼できるチャンピオン」と敬意を示す。スタート後から二人はトップ集団で順位を変えつつ、終盤の最終局面に備えていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

佐藤琢磨
フェルナンド・アロンソ

F1の前後のコラム

ページトップ