SCORE CARDBACK NUMBER

かつての弱みは、今の強み。C大阪に現れた“反撃の巨人”。~山村和也の守備は昔は心もとなかったけれど……~ 

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2017/06/16 07:00

かつての弱みは、今の強み。C大阪に現れた“反撃の巨人”。~山村和也の守備は昔は心もとなかったけれど……~<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

本人も驚きの抜擢ながら、プロ6年目で攻撃力を開花させている山村。6得点は杉本健勇と並んでチームトップ。

 ある朝、目覚めると、巨大な「的」になっていた――。いや、それくらい唐突な印象のある『変身』だろうか。

 C大阪の山村和也のことだ。

 今季、尹晶煥新監督の意向で前線のターゲットマンへ転向。14節終了時点で6ゴール3アシストを記録するなど、周囲があっと驚くような活躍をみせている。

 かつては「守備の人」だった。

 身長186cm。ポジションはセンターバックかボランチの二択だったが、開幕前のキャンプで山村のプレーを注意深く見守っていた指揮官は、まったく新しい可能性を確信したのだという。

「攻撃面で高い才能を持つ選手だと思った。足元の技術がしっかりしていて運動量も申し分ない。前線こそ彼にふさわしいポジションだと考えたわけです」(尹監督)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 524文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
セレッソ大阪
山村和也
尹晶煥
ユン・ジョンファン

Jリーグの前後の記事

ページトップ