SCORE CARDBACK NUMBER

世代交代が進むスパーズが“不死鳥”でいられる理由。~主力が抜けた時に、新星が台頭するサイクル~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/05/21 10:30

世代交代が進むスパーズが“不死鳥”でいられる理由。~主力が抜けた時に、新星が台頭するサイクル~<Number Web> photograph by Getty Images

HCからの絶賛の声にも、レナードは「自分はチームをベストにしようとしているだけ」と謙虚な姿勢を貫いた。

 5月頭、パティ・ミルズ(サンアントニオ・スパーズ)は、チームメイトのトニー・パーカーにどうしても伝えたいことがあった。パーカーは35歳のスパーズ先発ポイントガード、28歳のミルズも同じポイントガードで、この5年余り、控えを務めてきた。

 実はパーカーは、前の日の試合中に左足大腿四頭筋腱を断裂し、この翌日に、再建手術を受けることになっていた。プレイオフの戦いの途中で無念の離脱を強いられたパーカーに、ミルズはチームのことは任せてほしいと伝え、そう言えるまでに成長できたのはパーカーのおかげなのだと感謝した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

パティ・ミルズ
サンアントニオ・スパーズ
トニー・パーカー
ティム・ダンカン
カワイ・レナード

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ