SCORE CARDBACK NUMBER

プロ転向の村田が世界挑戦。高山は“逆コース”を目指す。~ボクシング連盟はプロの参入を断固拒否~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/05/11 07:00

プロ転向の村田が世界挑戦。高山は“逆コース”を目指す。~ボクシング連盟はプロの参入を断固拒否~<Number Web> photograph by AFLO

高山はミニマム級。日本人として初めて主要4団体(WBA・WBC・IBF・WBO)で世界戴冠を果たした。

 ロンドン五輪金メダリストからプロ転向した村田諒太がいよいよ世界タイトル戦のリングに立つことになったが、その一方で誰もがあ然としたのが、村田と逆コースを行こうという高山勝成の決断。WBO世界ミニマム級の現役王者だったが、タイトルを返上して引退し、今後は東京五輪での活躍を目指すというのだ。

 この世界ではアマチュアからプロへの転向が一般的で、プロからアマの頂点・五輪を狙うなど日本では例がない。だからこそメディアもこのニュースに飛びついたのである。

 今やプロの世界王者は濫造が祟って価値が落ちた。一方、4年に一度開催で男女合わせても13個しか用意されていない五輪の金メダルがいかに魅力的かは、村田の例を見るまでもなく明らかだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

村田諒太
高山勝成
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

ボクシングの前後のコラム

ページトップ