SCORE CARDBACK NUMBER

大型化・高速化・過酷化の新規定で今季は激戦必至。~タイヤもマシンも変わり、派手なF1が帰って来る!~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/02/10 09:00

大型化・高速化・過酷化の新規定で今季は激戦必至。~タイヤもマシンも変わり、派手なF1が帰って来る!~<Number Web> photograph by AFLO

「ビッグマシン」時代、1992年のマクラーレン。大型化で今年はレースに豪快さが戻るか。

 軽薄短小化で来ていたF1が今年、大きく変わる。見た目のインパクトが誰にでも分かり、昨年までとの違いを感じるはずだ。

 '92年までは車体幅215cmの、サーキットでしか見られない“ビッグマシン”がサイド・バイ・サイドで競っていた。それが翌'93年に200cm、'98年に180cmに狭められた。一般車並みへのサイズ・ダウンで俊敏にはなっても豪快さが薄れた。それが今年、20年ぶりに200cmにサイズ・アップする。それだけではない。フォーミュラカーのアイコンたるタイヤも幅広化し、前輪245mm→305mm、後輪325mm→405mmに。当然グリップは高まりコーナリング速度が上がる。このパフォーマンスにさらに寄与するのが前後ウイング寸法の幅広化だ。空力パーツ類の一新で、ダウンフォースは30%以上増加すると予想されている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Champions League 2017◄1992ビッグイヤーに愛されし男たち。

F1の前後の記事

ページトップ