SCORE CARDBACK NUMBER

できるオーナーに変貌した、ジョーダンのビジネス手腕。~一見「甘い考え」の方法論が、最後は上手くいく~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byAFLO

posted2017/01/18 09:00

できるオーナーに変貌した、ジョーダンのビジネス手腕。~一見「甘い考え」の方法論が、最後は上手くいく~<Number Web> photograph by AFLO

昨年11月22日にはNBA史上2度目となる、文民最高位の勲章「大統領自由勲章」を受章。

 今から15年半前、当時ワシントン・ウィザーズの新人GMだったマイケル・ジョーダンに、トレードをまとめるのに一番大事なことは何かと尋ねたことがある。ジョーダンは躊躇することなく、お互いの利益になる取引を提案することだと持論を語った。

「相手にとって悪い条件を出すのは、相手を侮辱することだ。騙したり利用しようとするやり方は、ビジネスとして結局うまくいかない」

 コート上では容赦なく相手を叩きのめすことで知られていただけに、意外な言葉だった。正直なところ、新人GMの甘い考えなのではとも思った。


 このことを思い出したのは、昨年末に合意が発表されたNBAの新労使協定交渉において、選手とオーナーの両方の立場を経験したジョーダンの存在が大きかったという話を聞いたからだった。NBAコミッショナーのアダム・シルバーも、交渉が順調に進んだ理由として、ジョーダンの貢献をあげて称賛していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 496文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Go for the Top~2017テニス開幕特集~

Sports Graphic Number 919

Go for the Top
~2017テニス開幕特集~

 

マイケル・ジョーダン
シャーロット・ホーネッツ
ダン・ギルバート
カイル・コーバー

バスケットボールの前後の記事

ページトップ