SCORE CARDBACK NUMBER

4回転4種類を跳ぶチェン。平昌の
台風の目になるか。~フィギュア界に
現れた17歳の新星、可能性は?~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2017/01/08 17:00

4回転4種類を跳ぶチェン。平昌の台風の目になるか。~フィギュア界に現れた17歳の新星、可能性は?~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

今季フランス杯で4位、NHK杯2位に輝く。日本勢にとって強力なライバルの出現である。

 男子の4回転ジャンプのインフレが止まらない。昨季以降、18歳の金博洋が史上最多となる「フリーで4回転を4本」を、宇野昌磨は史上初の4回転フリップを、羽生結弦が史上初の4回転ループを成功させた。すると12月のグランプリファイナルのフリーでは、4回転ルッツとフリップを含む「3種類4本」を成功させたネイサン・チェン(米国)が、羽生を制し、首位に立つ好演を見せたのだ。


 チェンは今季シニアデビューの17歳。4回転フリップと4回転ルッツを跳び分ける世界唯一の選手だ。

 今季序盤の2戦は、史上最多となる4回転「フリーで4種類5本」に挑戦するも、ミスが多く得点が伸びない。「まずは演技をまとめよう」と史上最多タイの「3種類4本」に減らすと、早くもグランプリファイナルでパーフェクトを達成した。得点は197.55点で、羽生を10点以上も上回る快挙だった。チームメイトのパトリック・チャン(カナダ)はこう話す。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 489文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

平昌へ。FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

Sports Graphic Number 2017/1/14特別増刊

平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018

 

ネイサン・チェン
平昌五輪

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ