SCORE CARDBACK NUMBER

15連続KOの快挙なるか。「九州のタイソン」の実力。~記録がかかる相手は、KO負け無しのベテラン~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2016/12/14 17:00

15連続KOの快挙なるか。「九州のタイソン」の実力。~記録がかかる相手は、KO負け無しのベテラン~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

宮崎・都城東でインターハイ3位。専大に進学するも腰椎ヘルニアで退学。'12年ジム入門。

 一般的には無名のボクサーが、連続KOの日本記録に並ぼうとしている。

 福岡県久留米市を拠点とする別府優樹(25歳)。日本ウェルター級8位とランキングはまだ下位だが、これまで14戦すべてKO勝ち。強打とその攻撃的なファイトぶりから「九州のタイソン」のキャッチフレーズで売り出し中のスラッガーだ。来年1月13日に聖地・後楽園ホールで予定している次戦も倒すと、浜田剛史と牛若丸あきべぇが保持する15連続KO勝ちの日本タイ記録となる。


「連続KO記録」と聞くと、ファンはまず懐疑的に受け止める。“かませ”ばかりを相手に選んで作られた記録ではないかというわけだ。これが世界戦だけでも18連続KO勝ちのゴロフキン(世界ミドル級王者)なら誰からも文句がでないが、実際世界のリングでは昔も今も眉唾ものの記録が珍しくないのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

別府優樹
浜田剛史
牛若丸あきべぇ
ゴロフキン
チャールズ・ベラミー

ボクシングの前後のコラム

ページトップ