SCORE CARDBACK NUMBER

女子レスリングでも躍動。“'94世代”が見据える東京。~羽生、大谷らも揃うまさに黄金世代~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/10/04 09:00

女子レスリングでも躍動。“'94世代”が見据える東京。~羽生、大谷らも揃うまさに黄金世代~<Number Web> photograph by KYODO

'94世代の土性(右)、川井(中)は1歳上の登坂(左)とともに東京五輪での活躍も期待。

 4連覇を達成した伊調馨を筆頭に、リオ五輪で4階級を制覇し、日本中を沸かせた女子レスリング。金メダルラッシュの口火を切った登坂絵莉や、吉田沙保里の“まさかの銀メダル”など、数多く生まれた印象深いストーリーの中で、ぜひとも書き残しておきたいのが、土性沙羅(69kg級)と川井梨紗子(63kg級)の至学館大コンビの活躍だ。

 土性と川井には、世界選手権での優勝経験がないことや、その階級の中では身長が低く、元々の体重が軽いという、ハンデと言うべき特徴があった。

 69kg級の土性は身長159cmで、「普段の体重は67、68kg」(土性)。一志ジュニアレスリング教室時代に吉田の父・栄勝さん(故人)に叩き込まれたタックルを武器に実力をつけてきたが、得点力がある一方で隙も多く、「10点取っても12点取られて負けるような」(栄和人コーチ)パターンが目立っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 541文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<広島優勝 特別編集>カープの魂。
伊調馨
登坂絵莉
吉田沙保里
土性沙羅
川井梨紗子
至学館大学
リオデジャネイロ五輪

格闘技の前後の記事

ページトップ