ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

空手という測定不能なファンタジー。~プロインタビュアー・吉田豪の手腕を味わう~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2016/10/04 08:00

空手という測定不能なファンタジー。~プロインタビュアー・吉田豪の手腕を味わう~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『吉田豪の空手★バカ一代 “地上最強の人生”インタビュー集』吉田豪著 白夜書房 1528円+税

 インタビューというのは相手と対峙するものだが「プロインタビュアー」吉田豪のそれは、相手と並走しているように思える。話を聞き出す誰かを「よいしょ」するのではない。できれば切り込みたくない所にも切り込み、濃厚な告白も殺伐とした話も「ダハハハ!」と笑って受け止める。聞き手が話し手の話題を増幅することは、確かにあるのだ。

『吉田豪の空手★バカ一代』は雑誌『BUBKA』のインタビュー連載の中から空手家や格闘家関連の話をまとめたもの。士道館館長・添野義二との話は立食パーティ中の取材だし、全日本キックボクシング協会初代王者の藤原敏男との話も4時間酒を呑みながら続けたもの。形式張ったインタビューはひとつもない。だからこそ、すべての逸話が血の通ったライヴといえるし、そこから引き出される話は本音以外の何ものでもない。そう、この本で読めるのは酒と女と喧嘩と意地とやせ我慢の話ばかりなのである。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

吉田豪
添野義二
藤原敏男
梶原一騎
真樹日佐夫
大山倍達

格闘技の前後のコラム

ページトップ