SCORE CARDBACK NUMBER

安美錦、豊ノ島、時天空。土俵外でも熱く闘う男たち。~病と、怪我と、年齢と~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/09/23 09:00

安美錦、豊ノ島、時天空。土俵外でも熱く闘う男たち。~病と、怪我と、年齢と~<Number Web> photograph by KYODO

秋場所2日目、「はりま投げ」で里山を破った安美錦。業師ぶりを見せつけ大歓声を浴びた。

 大相撲秋場所の花道。悪性リンパ腫の治療のために髷を落とし、少年のような坊主頭の元小結時天空がいた。

「もう一度土俵に上がりたい」と復帰を夢見、1年以上にわたる闘病生活が光明をもたらしたものの、土俵に上がれる体に戻すのは困難とみて現役続行を断念。場所前に引退を表明したのだった。年寄・間垣を襲名し、今場所は新米親方として吹っ切れた笑顔を見せながら、館内の花道警備に勤しんでいた。

 そして今年5月、アキレス腱断裂の大けがを負い、番付を十両に落としながらも復帰した安美錦。テーピングでガチガチに固められた脚で土俵に上がる痛々しい姿は、連日、館内から温かい大きな拍手と声援を受けていた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

安美錦
豊ノ島
時天空

相撲の前後のコラム

ページトップ