SCORE CARDBACK NUMBER

「荒れまくる」ユーロで問われる各国の文化力。~開幕10日で逮捕者557人、目だったのは気のいいアイスランド人~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/07/06 08:00

「荒れまくる」ユーロで問われる各国の文化力。~開幕10日で逮捕者557人、目だったのは気のいいアイスランド人~<Number Web> photograph by Getty Images

イングランドとロシアの一戦では、スタジアム内以外でも、繁華街でサポーター同士が衝突。

 ユーロの序盤戦で世界の報道番組のトップを飾ったのは、ピッチの中のプレーよりも、その外で繰り広げられた各国フーリガンの悪行の数々だった。

 開幕前はテロばかりが警戒されたものの、いざ始まってみるとフランスが目にしたのは、テロ行為に近いフーリガニズムだ。警察、警備会社、憲兵など、総勢9万人以上という過去にはない規模の警備で大会を迎えたものの、暴徒化したファンを抑えられず、開幕から10日経った時点で逮捕者は557人となっている。


 中でもロシアの訓練された組織的フーリガンの姿は見るものを震えあがらせた。マルセイユの路上で繰り広げられたイングランドサポーターとの激突は戦地を思わせるそれで、逮捕者と国外追放者が続出。ロシア・フーリガンのひとりは「自分たちが本物のフーリガンだということを世間に分からせたかった」と語っており、彼らはそもそもサッカーを見にやってきたファンではなかったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 535文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<地方大会開幕特集>甲子園を夢みる夏。

海外サッカーの前後の記事

ページトップ