SCORE CARDBACK NUMBER

3強のみにとどまらない、百花繚乱の皐月賞展望。~ルメール騎手は体がもう1つ欲しいはず~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2016/04/08 06:00

 弥生賞、若葉S、スプリングSと、3つのトライアルレースがそれぞれ納得のいく形で終了。皐月賞(4月17日、中山芝2000m、GI)の輪郭がようやく見えてきた。この3歳世代は特に牡馬が粒揃い。「10年に一度」の評判は大げさとしても、レベルが高い好素材が次から次に出てくるのは数年に一度、と感じたのは恐らく錯覚ではない。


 きさらぎ賞を楽勝して3戦3勝。トライアルをパスして最初の1冠を狙うのがサトノダイヤモンド(栗東・池江泰寿厩舎、父ディープインパクト)だ。折り合い自在で、直線は確実に弾ける脚を使うという完璧な馬。リーディングを爆走するクリストフ・ルメール騎手が、早くから「クラシックはこの馬で戦う」と宣言したほどの素晴らしい素材がまずは主役候補になる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 636文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

巨人×阪神 セ界を変えろ!

Sports Graphic Number 899

巨人×阪神 セ界を変えろ!

 

競馬の前後の記事

ページトップ